1974年1月10日生まれ。
旭操小学校、操南中学校、岡山朝日高校、岡山大学教育学部卒業。
1999年より農業研修のために福島県へ。自給的農業を営みつつ、4年間の大工修業の後、自宅を建て大工としても働く。
2011年3月、福島第一原子力発電所の事故により一家で避難。同年8月より、北区建部町吉田に在住。2011年5月「子ども未来・愛ネットワーク」を立ち上げ、避難移住者のサポートや保養受け入れなどを行う。原発災害についての講演活動は、岡山を中心とした各地で延べ250回。2014年ドイツのシェーナウ市から「フクシマの母代表」として名誉賞。
2016年、岡山県議会議員に初当選。1期目。
[家族]夫:建築設計、自エネ組(自給エネルギーチーム)主宰、子ども:長男(小5)、長女(小1)、次女(2歳)

議会報告

大塚愛「いっぽ通信Plus!」vol.002 岡山県議会報告
※画面拡大しての再生や議会質問動画は、みどり岡山YouTUBEチャンネルでご覧ください。

いま、わたし(たち)が大事にしたいこと

子どもの生きる力が育つ環境を

人がつながる、元気な「中山間地域(いなか)」を

小さな声の届く県政を




議会報告


鬼木のぞみ「虹色通信Plus!」vol.002 岡山市議会報告
※画面拡大しての再生は、みどり岡山YouTUBEチャンネルでご覧ください。


政策

100%市民派、未来へつなぐ想い。いのち・みどり・平和を大切にするまちをつくりたい。






みどり岡山の最新情報をFacebookページで発信中